お知らせ news

お知らせ

「ブラサカキャラバン~ブラサカで学ぼうダイバーシティ~松本市~」を開催しました【報告】


12月15日(日)松本市の松本盲学校体育館にて「ブラサカキャラバン~ブラサカで学ぼうダイバーシティ」を開催し、松本山雅FCトップチームより、田中隼磨選手が参加いたしました。

本事業は、長野県ブラインドサッカー連盟、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会と共催のもと、小中学生の方ならどなたでも無料でブラインドサッカーを体験できる事業となります。
パラリンピックの正式種目であるブラインドサッカーを通じて、視覚障害への理解やコミュニケーションの難しさを学んでいただくプログラムとなります。
2回目となる今回は小中学生の皆様、松本山雅FC U-10選手、計13名と長野レインボーの選手の方々が参加して下さいました。

01

最初に、体操をしました。
2人組で、アイマスクをした相方に動作を伝えながら行いました。
ブラインドサッカーに大切な伝えることの重要性を学びました。

02

つづいて、チーム対抗の競争を行いました。
歩きと、走りを2回行いました。
途中作戦会議も行い、チームで協力して頑張りました。

03

04

次に、ボールタッチを行いました。
インサイドや足の裏を使ったボールタッチでした。
普段からしているボールタッチも難しく、鉛(なまり)の音と相方の声を頼りにプレーしました。

05

それから、トラップ&シュートを行いました。
バウンドしてきたボールをトラップして、シュートまでもっていきました。
ゴールの位置をガイド(ゴール裏で指示を出す役割の人)の声を聴いてシュートをしました。

06

最後は試合を行いました。
試合もとても難しかったですが、田中隼磨選手の声掛けもあり、大いに盛り上がりました。

07

おまけで、誕生日順に皆で協力して並んでみました。
声をかけたり、頭を使って成功することができました。

08

本事業は、日本スポーツ振興センターより助成金を受けて実施しております。
参加者の皆様、長野レインボーの皆様、長野県ブラインドサッカー協会の皆様、日本ブラインドサッカー協会の皆様、松本盲学校の皆様ご協力いただき誠にありがとうございます。

09

次回は1月12日(日)山形村ふれあいドームで体験会を開催いたします。